男の人

盗聴調査で仕掛けられた盗聴器を探そう|危機管理マニュアル

車に取りつけ自分で追跡

探偵

車内の設置しやすい場所は

浮気をしている可能性がある配偶者が普段車で移動しているなら、gps発信機を取りつけやすい状況です。gps発信機の種類によって最適な取り付け方は異なりますが、もしマグネットタイプなら車の内側の金属パーツが狙い目です。マグネットがついていないタイプなら、バッグドアを開けたところにある小さなポケット部分も設置しやすいところです。左右の脇のポケット部分は普段使わない場所なので、gps発信機を入れておいてもまず気づかれません。あるいは、カーペットの下も設置しやすい場所の1つです。上にものを置いてカモフラージュすれば途中で発見されることはほとんどありません。最近のgps発信機は小型化が進み隠しやすくなっているので、設置する時にも困ることはありません。

車に設置する専用タイプも

gps発信機は車につけるのが一番確実かつ安全ですが、車に設置する専用タイプも登場しています。gps発信機は製品によってかなり性能に差が出ます。車に取りつける場合、長距離を移動する可能性が強く、移動も長時間に及ぶことが予想されます。どこまで移動でも追跡できる高性能タイプのgps発信機ではないと、せっかく本体を車に取りつけても途中で追跡できなくなります。常に画面を見なければならないタイプもありますが、プロ仕様のものだと自動追跡型でいちいち位置検索をかけなくて大丈夫です。カバンや自転車に設置する小型タイプの発信機もありますし、需要に応じて使い分けましょう。2種類以上の発信機を使い分けると、より確実に相手の行動を把握することができます。