男の人

盗聴調査で仕掛けられた盗聴器を探そう|危機管理マニュアル

生活に密着している機器

地図

誰かの安全を守る

小型GPSというのは特別な人たちが扱うものだというイメージがありますが、実は毎日の生活の中でも普通に扱うことが出来るのです。例えば、小型であることを活かして、小さな子の持ち物に装着させたり、一人でどこかへ行ってしまっては危険な状態の年輩の方に装着することも可能です。帰るべき時間帯になっても帰ってこなかったり、どこかへふらっと出かけたまま何時間も経ってしまった際、GPSがなければ右往左往してしまうことでしょう。心当たりがある場所を探したとしても、見つかる保障はありません。しかし、小型GPSを装着することによって、簡単に居場所を特定することが出来るのです。スマートフォンやパソコンなどに接続することが可能です。

職場で役に立つ

小型GPSの使い方の一つとして、職場で使うという方法があります。一つ目には、会社で所有している営業車に小型GPSを付けるという方法です。社内のパソコンから、誰がどこにいるのかがすぐに分かりますので、緊急の用事の際には場所を把握した上で連絡を取ることが出来ますし、営業をしている社員に何かあった際には時間をおかずに駆けつけることが出来ます。二つ目に、輸送をメインとした仕事を行っている会社が、会社で所有しているトラックに小型GPSを取り付けるという方法があります。こちらも、今どこにトラックがいるのかということが瞬時に分かりますので、トラックの移動距離や速度などを把握することが出来ます。このように、便利な使い方をすることも出来るのです。