男の人

盗聴調査で仕掛けられた盗聴器を探そう|危機管理マニュアル

見つけるためには

虫眼鏡

盗聴器とは、文字通り盗み聞きするための機器になります。主に電波を使う発信機のことを言い、情報を得ることができ発信する電波は半径100〜150mの距離は届くといわれています。性能が良ければ1km以上の距離が出るものもあります。盗聴器は電源と集音、送信の機能を備えてあり、電源を入れると室内の音声を高性能なマイクで収集して電波によって受信することが可能です。発見するのを難しくしたり、相手に気づかれないようにするためコンセントや延長コード、時計やペンタイプなど様々な種類が販売されています。電話タイプもあり、電話線から盗聴することができたり、携帯電話を使ってデジタル盗聴器にすることもできます。販売したり、設置する、盗聴電波を傍受するだけでは罪に問うことができないのが現状です。

盗聴器は主な使い方としては、情報収集をしたり、監視や確認、ストーキングを目的に設置するなどが挙げられます。しかし、盗聴器が販売されていたり、設置されて傍受されているだけでは罪に問えなからといって放置しておくのも気持ち悪いものです。そんなは発見を専門とする業者を利用して、見つけることをおすすめします。業者を家にあげるのが嫌な場合には、自分で発見することも可能ですが、タイプによって発見の仕方は異なります。録音タイプは電波を発しないため見て発見する必要があり、電波式はFMラジオを使ったり、専用の発見装置を使って見つけます。位置を特定する必要がありますが、設置された場所によっては資格がないと除去ができないため警察などに相談する必要があります。