女の人

盗聴調査で仕掛けられた盗聴器を探そう|危機管理マニュアル

見つけるためには

虫眼鏡

盗聴器とは、盗み聞きをするための機器になります。様々な種類があり、コンセントや延長コード、時計やペンタイプのほか、電話から盗聴することもできます。情報収集や監視などを目的に設置されます。発見した場所によっては、資格がないと除去できないため警察などに相談する必要があります。

盗聴に対処する

スーツの女性

盗聴が増えています

ストーカーによってマンションなどに盗聴器が仕掛けられるケースが増えてきていますが、会社の事務所に盗聴器が仕掛けられるケースもよくあります。昔から、ライバル会社の会議室や社長室に盗聴器を仕掛けて、コッソリと企業秘密を盗み出すケースがたくさんありました。そういう意味においてはとても古典的な盗聴なのですが、最近では個人的な怨みを晴らす目的で盗聴器を仕掛けるケースも現れてきています。目的は何であれ、会社内で話していることが外部に漏れ出しているという状況は、その会社にとってプラスになることではありません。新商品のアイディアを他社に奪われてしまったり、取引先からの信用を失ったりしてしまうだけになりかねませんので、盗聴の疑いがある時は早めに対処することが大切です。そういう時に盗聴調査を依頼することができるのは探偵事務所や興信所などです。プロならではの盗聴調査を行ってくれますので、問題の早期解決を図ることができます。

調査料金

盗聴調査の料金は、業者ごとにマチマチになっています。調査する建物の面積が広ければ、その分だけ盗聴調査にかかる手間や時間が増えますので、当然のことながら料金が高くなります。また、盗聴器を撤去するために特別な工事が必要になる場合についても、同様のことが言えます。盗聴調査を依頼する側からすれば少しでも安い料金で済む方がありがたいですが、安かろう悪かろうといった内容の調査になってしまっては意味がありません。業者によっては無料見積もりを実施していることもあるので、利用してみましょう。

車に取りつけ自分で追跡

探偵

gps発信機を車に設置する時、マグネットタイプのものであれば、車内の内側にある金属パーツの部分に取り付けるとよいでしょう。また、マグネット以外のタイプなら、バッグドアの脇のポケットの中やカーペットの下も隠しやすい場所とされています。最近は車専用のgps発信機もあります。色々タイプがあるので、需要に合わせて使い分けるとよいでしょう。

生活に密着している機器

地図

小型GPSは生活に密着した使い方が可能です。一つ目として、小さな子どもや年配の方に装着して貰うことによって、何かあった際には誰かがすぐに駆けつけることが出来ます。また、会社で所有している営業車やトラックに取り付けるという方法もあります。